福岡をもっと住みやすくする「福岡生活」

【アラサー女子の福岡日記】宅飲みがしたくなる夜は

アラサー女子の福岡日記

新型コロナの感染拡大、豪雨がつづく昨今では、なかなか飲食店で飲むことができない。
気がつけば、福岡にきてからというもの、福岡の酒を一滴も飲めていない。
これは、酒好きとしては死活問題だ。

そんなこんなで、今晩は1日限りの自宅居酒屋をプチ開店することにする。

まず、全力で探したのは、福岡の地酒である。

どうしても、どうしても、福岡のお酒を飲んでみたい。
そんな思いを胸に、スーパーをはしごしてようやく見つけたビール瓶!

(威風堂々としたこちらの地ビール。受賞経験もあるらしい。)

杉能舎の地ビール『博多麦酒』である。1本599円もする。 良い値段なので、普段はもう飲めないかも・・・(泣)
今回は、福岡生活1ケ月記念として、スーパーにあった『博多麦酒』を全種類購入して飲み比べすることにした。

(飲み過ぎだろうか。今日は呑むのに集中するので、ビールの飲み比べの感想はまた後日。)

ビールのお供には、九州のおつまみを。だって、せっかく福岡に来たのだもの。現地のものをどうしても食べたい。
コンビニで見つけた、『九州しょうゆ味の堅揚げポテトチップス』と『辛子明太マヨ味の柿ノ種揚』が今日のお供である。

今日の居酒屋メニューは、ばりうまでした!1日限りの居酒屋は、これにて閉店!

ピックアップ記事

関連記事一覧

福岡生活とは

福岡をもっと住みやすくする情報サイト 「福岡生活」では、子育てや医療、ビジネスなど、福岡の生活をもっとよくするヒントをお届けします。

当サイトは、衆議院議員(福岡県2区)の稲富修二 事務所が運営しています。
稲富修二 公式サイト