福岡をもっと住みやすくする「福岡生活」

【福岡市】中小企業のDX化を図る事業補助金が募集開始となりました。

ビジネス

福岡市中小企業等デジタルトランスフォーメーション促進モデル事業補助金

福岡市内、中小企業のモデルケースとなりうるデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の取組みについて必要な経費の一部を補助し、具体的取組事例の情報発信を行うことで、広く市内中小企業等のDX化を促進することを目的とした補助金です。

DXとは、デジタル技術を用いて経営基盤強化、ニューノーマルな社会を目指すもので、コンサルティング費用やサービス製品開発費、システム導入費などが該当となります。

補助対象者

補助事業の対象者は、DX化の取組みを行う事業者であって、次の各号のすべてに該当するものとします。

  1. 福岡市内に本店を置く中小企業・小規模事業者等。
  2. 具体的取組内容について、福岡市の指定するイベント等にて進捗及び成果の報告が可能なこと。
  3. 市税に係る徴収金(市税及び延滞金等)を滞納していないこと。ただし市税の徴収猶予の特例制度等の対象は除く。
  4. 暴力団非該当、暴力団と密接な関係を有する者でないこと。

補助対象事業

補助対象となるDX化の取組みは、次の各号のすべてに該当する事業とします。

  1. データやデジタル技術の活用によりDX化に取り組むもの。
  2. 顧客や社会のニーズを基に、自社の既存のサービスや製品、ビジネスモデルを変革または新たに創出するもの。
  3. 業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土の変革し、競争上の優位性の確立を目指すもの。
  4. 概ね3年以内に上記1~3の全てが達成できるもの。ただし、補助象期間内に実装され、一定の効果が測れるもの。
  5. 福岡市内に本店等を置くDX推進企業と共同で事業計画を策定の上、取組む事業であること。なお複数のDX推進企業と共同で事業計画を策定する場合は、少なくとも1社が福岡市内に本店を置く企業であること。

補助金上限額等

補助上限額700万円、補助率3分の2。

補助対象期間

令和3年3月22日(月)から令和4年3月10日(木)まで

選考について

提出された事業計画に基づき、一次審査(書類審査)、二次審査(プレゼンテーション)により事業を認定し、補助対象者を決定します。

※一次審査合格者のみが、二次審査(プレゼンテーション審査)に進みます。一次審査の結果通知時に、二次審査通過者へプレゼンテーション日時をご連絡いたします。
※二次審査は、「事業計画書」に基づくプレゼンテーション審査です。必要に応じて補足資料を用いることができます。事務局へ事前にご相談ください。
※審査を行うにあたり、事務局より個別に内容の確認を行う場合があります。
※補助金交付申請は、審査により事業認定を受けた申請者のみ手続きできます。

提出期限

令和3年5月31日(月)<午後5時必着>までに、PDFファイル形式で申請フォームより提出してください。

お問い合わせ先

詳細については、下記へお問い合わせください。
福岡市中小企業等DX促進モデル事業補助金
https://www.isit.or.jp/fdx_question/

ピックアップ記事

関連記事一覧

福岡生活とは

福岡をもっと住みやすくする情報サイト 「福岡生活」では、子育てや医療、ビジネスなど、福岡の生活をもっとよくするヒントをお届けします。

当サイトは、衆議院議員(福岡県2区)の稲富修二 事務所が運営しています。
稲富修二 公式サイト