福岡をもっと住みやすくする「福岡生活」

【支援金】緊急事態宣言の影響緩和に係る「一時支援金」の内容決定

一時支援金
ビジネス

緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金

2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に、「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」 が給付されるものです。
なお、一時支援金の給付要件等は、今後、変更になる可能性がございます。

支援金概要

「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」
給付額:2020年又は2019年の対象期間の合計売上 - 2021年の対象月の売上×3ヶ月
上限額:中小法人等 60万円 / 個人事業者等 30万円
対象月:対象期間(1〜3月)内に、2019年又は2020年の同月と比べて、緊急事態宣言の影響により事業収入が50%以上減少した月から任意に選択した月

給付対象のポイント

  1. 緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること
  2. 2019年比又は2020年比で、2021年の1月、2月又は3月の売上が50%以上減少した事業者

くわしくは、WEBサイトをご参考ください。

一部支援金 公式サイト

ピックアップ記事

関連記事一覧

福岡生活とは

福岡をもっと住みやすくする情報サイト 「福岡生活」では、子育てや医療、ビジネスなど、福岡の生活をもっとよくするヒントをお届けします。

当サイトは、衆議院議員(福岡県2区)の稲富修二 事務所が運営しています。
稲富修二 公式サイト